パソコンやインターネットが普及した現代では、今や会社で封書で書面をやり取りすることも少なくなっている。
20年以上前であれば考えられない状況である。
昔は、電子的な手段と言えば、ファクシミリしかなかった。
性能が良いファクシミリであれば、送付されてきた文書も読みやすいが、性能があまり良くないと文字がつぶれていて読めないこともあった。

現代では、日々、社内外に電子メールで簡易的なやり取りをしており、封書で書面を交わすということもめっきり減ってきたのではないだろうか。

封書で書面のやり取りをしないということは、切手代もかからない、つまりコストも抑えられるということになる。
参考→封筒の切手代

そう考えると、わざわざ封書でやり取りをすることの必要性がなくなるということだ。
電子メールを使えば、瞬時に相手に文書や添付ファイルを送付することができる。

もし、何か間違いがあったとしても再度送ればよい。

簡易的に使用できる手段ならではのうっかり送付ミスや、文書の記載間違いが起きやすいというデメリットはあるが、郵便を待つという時間が短縮されるのは時間の流れ方が早くなった現代では、郵便に代わる手段として電子メールは今後も活躍していくだろう。

関連記事

    None Found